目次資料棚神奈川県横浜市中区 / 探訪録神奈川県

三渓園御門
てんじゅいん

【横浜市指定建造物】 保存整備 
・1708(宝永5)年建築。
・京都東山仁王門の西方寺に造営されたものを大正時代初期頃に移築。
・薬医門形式、切妻屋根、本瓦葺。
・三渓園の内苑入口に保存展示。


9:00~17:00 年末 500円 あり(500円) 
三渓園公式サイト 
〔所在地〕 横浜市中区本牧三之谷58-1(三渓園)
〔訪問日〕 2005年3月21日撮影
 
↑ 図中のオレンジ色のマーカーをクリックすると名称が表示されます。
郷土文化財地図(広域図)⇒ 郷土文化財地図 B-4


表側。内苑への入口。


裏側。薬医門形式であることがよくわかる。
塀がつながる本柱で、手前が控柱。本柱が屋根/\の中心から表側にずれているのが特徴。





2005年3月21日撮影 2005/06/26作成 2009/04/25更新
〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月