郷土文化財コレクション トップページ神奈川県>横浜市西区
 神奈川県横浜市西区の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒

古代 【古墳・奈良・平安時代】
S001 軽井沢古墳跡 市登録地域史跡 南軽井沢62-1 7世紀前半頃、全長26.5mの前方後円墳の跡。横浜市内では最末期の古墳。

近世 【江戸時代】
S002 神奈川奉行所跡 市登録地域史跡 紅葉ヶ丘9-1 横浜開港にあたり1859(安政6)年6月4日に開設された神奈川奉行所の跡。
S005 旧東海道 未指定 台町~浅間町 京急神奈川駅脇から環状1号線に沿って保土ヶ谷に向かう道筋が残る。西区内に宿場はなし。
S006 横浜道 未指定 浅間町~平沼~野毛 1859年6月の横浜開港に向けて突貫工事で通された東海道(現浅間下交差点付近)から関内への連絡道。
S007 保土ケ谷道 未指定 久保町~伊勢町 東海道の保土ケ谷宿(程ケ谷宿)と戸部村(現西区伊勢町付近)を結んでいた古道。

近代 【明治・大正・昭和(戦前)】
S008 日本最初の鉄道跡  未指定 高島2丁目~桜木町 1872(明治5)年、新橋(後の汐留貨物駅)~横浜(現桜木町)間に開通した日本最初の鉄道の線路跡。
S003 金星太陽面経過観測記念碑 未指定 紅葉ヶ丘 1874(明治7)年にメキシコ観測隊と海軍中尉吉田重親らがここで金星の太陽面経過の観測に成功したことを記念した石碑。
K004 旧染井能舞台 市指定建造物 紅葉ヶ丘27-2 元は1875(明治8)年に東京の根岸あった前田家の屋敷に建てられ、1919(大正8)年に東京の染井に移築されて使用されていたもの。関東地方で最古の現存能舞台。
S004 近代水道発祥の地 市登録地域史跡 老松町20-1 1887(明治20)年、相模川からここ野毛山貯水場に送水し、市内に配水を始めた日本初の貯水場の跡。
K007 野毛山住宅亀甲積擁壁 市認定歴史的建造物 老松町29 1890(明治23)年~1893(明治26)年築造と推定。旧平沼邸の擁壁で亀甲石積の擁壁。
S009 日本ガソリンスタンド発祥の地 未指定 高島2丁目 1893年(明治26)年にエッソ・スタンダード石油(現エクソンモービル)の前身の一つであるソコニー、ヴァキューム・オイル日本支店が横浜で営業を開始。
K001 旧横浜船渠株式会社第一号船渠 国指定重要文化財 みなとみらい2-7-10 1896(明治29)年建造。長さ167.8m、現存最古の商船用ドック。
K002 旧横浜船渠株式会社第二号船渠 国指定重要文化財 みなとみらい2-2-1 1897(明治30)年建造。長さ128mの商船用石造乾船渠(ドライドック)。
S011 国鉄平沼駅跡 未指定 平沼1丁目 1901(明治34)年開設、1915(大正4)年廃止。神奈川駅~程ヶ谷駅間の短絡線上に設けられた駅。
S010 国鉄高島(貨物)駅跡 未指定 高島1丁目・みなとみらい5・6丁目 1913(大正2)年に高島荷扱所として開設、1995(平成7)年に廃止。
K003 二代目横浜駅基礎等遺構 市認定歴史的建造物 高島2-1 東京駅のような煉瓦造りの堂々とした駅舎建築で、1915(大正4)年に建設されたが8年後の1923(大正12)年の関東大震災後の火災により取り壊され短命だったため「幻の横浜駅」と呼ばれる。
K005 横浜市長公舎 未指定 老松町2 1927(昭和2)年建築。フランク・ロイド・ライト風デザイン。
K012 新田間橋 未指定 南幸2丁目・浅間町1丁目 1927(昭和2)年建造。鋼鈑桁橋+PCラーメン。
K008 野毛坂切通擁壁 未指定 宮崎町 1928(昭和3)年築造。関東大震災の復興時に積まれた間知石風割石練積の擁壁。
K009 霞橋 市認定歴史的建造物 霧ヶ丘56~南区三春台90 1928(昭和3)年建造。鉄筋コンクリート造、上路式アーチ橋。かながわの橋100選。
K010 旧月見橋 未指定 高島2丁目~神奈川区金港町 元の月見橋は1928(昭和3)年建造、鋼鈑桁橋、平成8年に架け替え。旧月見橋の親柱4本復元。
K015 西平沼橋 未指定 中央1丁目・平沼2丁目 1928(昭和3)年建造。鋼鈑桁橋。震災復興橋梁。アールデコ風の親柱。
K011 万里橋 未指定 高島2丁目 1929(昭和4)年建造。鋼ゲルバー橋。
K013 高島橋 未指定 高島2丁目・平沼1丁目 1929(昭和4)年建造。鋼鈑桁橋。震災復興橋梁の範例。
K014 敷島橋 未指定 平沼1丁目・戸部7丁目 1930(昭和5)年建造。鋼鈑桁橋。震災復興橋梁。
S012 京浜電気鉄道平沼駅跡 未指定 平沼1丁目 1931(昭和6)年開設、1944(昭和19)年廃止。現京急本線横浜駅~戸部駅間にあった駅。
S013 相鉄古河電線駅跡 未指定 西平沼町 1934(昭和9)年、神中鉄道の駅として開設、1957(昭和32)年廃止。沿線にあった古河電気工業の通勤者のための駅。


2006/10/12作成 2012/12/10更新 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月