郷土文化財コレクション トップページ神奈川県>横浜市西区 一覧地図探訪録
相鉄古河電線駅跡跡
そうてつふるかわでんせんえきあと

指定
所在 横浜市西区西平沼町
概要 ・1934(昭和9)年、神中鉄道の駅として開設、その後相模鉄道となり1957(昭和32)年廃止。
・沿線にあった古河電気工業の通勤者のための駅。

状況 現状保存 〔2009年3月13日現在〕
・1961(昭和36)年に古河電工横浜工場は閉鎖され、駅の遺構も残っていない。

写真 2009年3月13日撮影


相模鉄道本線の二俣川方面に向かう下り列車。右手の敷地が古河電工(旧古河電気工業)跡地。駅があったことはまったくわからない。



上と右の写真を撮影した跨線橋の上り口。


撮影時の工場跡地はtvkハウジングプラザだった。

2012/12/10作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月