郷土文化財コレクション トップページ神奈川県>横浜市西区 一覧地図探訪録
日本ガソリンスタンド発祥の地
にほんがそりんすたんどはっしょうのち

・岩石に「風雲」(おそらく草書でそう読める)と刻まれた碑。
・土台には「日本ガソリンスタンド発祥の地 エッソ・スタンダード石油株式会社 取締役社長 八城政基氏記  昭和四十九年九月十九日 横浜米油株式会社  社主 熊澤貞吉建之」とあり、「風雲」は八城氏の筆によるもの。
・発祥の由緒は記されていないが、1971年に当地を撮影した写真にはエッソのガソリンスタンドが写っている。なお、1893年(明治26)年にエッソ・スタンダード石油(現エクソンモービル)の前身の一つであるソコニー、ヴァキューム・オイル日本支店が横浜で営業を開始している。
・碑のそばにあるヨコハマプラザホテルは上述のエッソのガソリンスタンド跡にあり、経営はこの碑を建立した横浜米油株式会社で、エクソンモービルの代理店。

〔所在地〕 横浜市西区高島2丁目
〔訪問日〕 2010年05月09日


横浜駅東口近くの国道1号沿いにある。


碑。


碑は右端。左の建物はルミネ、横浜駅東口。

碑の後ろ、国道1号からルミネ方向。現在は広い歩道となって
いるが、以前は駅前広場と大きな交差点だった。

左端に碑。ヨコハマプラザホテルの場所にかつてエッソのガソリンスタンドがあり、右側の道路が国道1号に通じていた。

2009/03/13作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月