郷土文化財コレクション トップページ神奈川県>横浜市西区 一覧地図探訪録
日本最初の鉄道跡
にほんさいしょのてつどうあと

    ・1872(明治5)年、新橋(後の汐留貨物駅)~横浜(現桜木町)間に開通した日本最初の鉄道の線路跡。
・現在の横浜駅から少し東京寄りにあった神奈川駅からカーブして現在の国道1号高島町交差点付近から現在の根岸線と同位置を直進して終点の横浜駅(現桜木町駅)に達していた。
・当時は現横浜駅のある高島付近はまだ入り江で、現高島町交差点付近までは海中の築堤と橋梁で結ばれていた。
・現在は横浜駅東口から高島町交差点付近までは市街地の道路となり、高島町交差点からは根岸線の高架線となっている。


〔所在地〕 横浜市西区高島~桜木町
〔訪問日〕 2009年03月13日
 

       
 
ここは現桜木町駅(初代横浜駅)から現横浜駅(三代目)の間、みなとみらい地区に沿った直線区間。写真の奥が桜木町方向。現在は根岸線の高架線(列車は根岸線直通の横浜線車両205系)となっている。手前の線路は高島貨物線。
 

2009/03/14作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月