郷土文化財コレクション トップページ神奈川県>横浜市西区 一覧地図探訪録
敷島橋
しきしまばし

    現役使用 
・1930(昭和5)年建造。
・鋼鈑桁橋。
・震災復興橋梁。I桁の一部に1909(明治42)年に建造された旧弁天橋の部材を転用。
・幕末の横浜開港時に造られた横浜道の経路上、石崎川に架かる。


〔所在地〕 横浜市西区平沼1丁目・戸部7丁目
〔訪問日〕 2009年03月13日
 


 
親柱はなく、欄干も後年のもの。煉瓦色のマンションは二代目横浜駅の位置。旧東海道線は1887(明治20)年~1928(昭和3)年まで石崎川右岸を並行して通っていた。

 
     

横浜開港時に造られた横浜道の経路にある。橋の向こうには
平沼商店街。




橋のたもとに石崎川の左岸にある「石崎川プロムナード」の案内板があり、石崎川に架かる橋の名前が記されている。

2009/03/13作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月