郷土文化財コレクション トップページ神奈川県>横浜市西区 一覧地図探訪録
旧横浜船渠株式会社第一号船渠
きゅうよこはませんきょかぶしきがいしゃだいいちごうせんきょ

    【国指定重文建造物】 復原整備 
1898(明治31)年竣工。第二号船渠に次ぐ現存最古の商船用ドック。水が入った状態で保存されており、帆船日本丸が繋留公開されている。
・長さ167.8m(1918(大正7)年に約204mに延長)、幅28.52m、深さ9.2m。
・相州堅石積。
・設計はH.S.パーマー、恒川柳作。


〔所在地〕 横浜市西区みなとみらい2-2-1
〔訪問日〕 2004年05月15日
 



ドックに繋留、公開されている帆船日本丸。左端のビルはランドマークタワー、背後はクイーンズスクエア、右端の半月型は横浜グランドインターコンチネンタルホテル



日本丸の後方(海側)からドック全景。黄土色の高層ビルは桜木町
駅前のクロスゲートビル。




ドックの真ん中辺りに水門があり渡ることができる。コスモワールドの観覧車の向こうが横浜港。当時は水門の向こうが港だった。


ドックの突き当たりの奥は半円形となっている。


護岸はイギリス積みの赤煉瓦造り。歴史の染み込んだ深い色合い。


ドックに隣接して横浜マリタイムミュージアム(2009年4月に「横浜
みなと博物館」に改称)がある。港と船をテーマとした博物館。
(聞き慣れない「マリタイム」とは「海の」という意味)


ドックの端はみなとみらい大通りに接している。高架橋は桜木町駅前とランドマークタワー(右端のビル)を結ぶ「動く歩道」。左端は横浜銀行ビル、真ん中奥は三菱重工ビル。



帆船日本丸への乗船(観覧)入口。今にも出航しそうだ。


1号ドック(船渠)周辺の案内図。
右上の灰色の道は臨港貨物線跡を遊歩道として整備した汽車道。

2007/10/25作成 2008/04/29更新 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月