郷土文化財コレクション トップページ>群馬県>玉村町
 群馬県玉村町の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部も含む) 保護・見学用に整備 復元を行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
先史時代 【旧石器・縄文・弥生時代】

古代 【古墳・奈良・平安時代】

中世 【鎌倉・室町・安土桃山時代】
K001 玉村八幡宮 本殿
たまむらはちまんぐう
国指定重文建造物 室町時代建築。三間社流造。江戸時代の慶長年間に角渕村から移築。 下新田1

近世 【江戸時代】
K003 井田家住宅 主屋
いだけじゅうたく
国登録建造物 江戸時代中期建築。日光例幣使道、玉村宿の建物。
店舗(井田酒造・泉屋)として営業中
上新田1626

近代 【明治・大正・昭和(戦前)】
K002 重田家住宅 主屋・穀蔵・西の蔵・外便所・東の蔵・井戸屋形・表門及び塀
しげたけじゅうたく
国登録建造物 主屋:1883(明治16)年建築。木造2階建。住宅兼診療所。
内部非公開
小泉42
S001 斎藤宜義の墓
さいとうぎぎのはか
県指定史跡 1816(文化13)~1889(明治22)年。数学者。 板井1065(宝蔵寺)

現代 【昭和(戦後)・平成】





2014/03/31作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月