郷土文化財コレクション トップページ群馬県>安中市 一覧地図>探訪録
横川の茶屋本陣
よこかわのちゃやほんじん

指定 県指定史跡
所在 安中市松井田町横川609
概要 ・代々横川村の名主を務め、幕末頃は坂本駅の助郷惣代を兼ねた武井家の西の一部。
・本陣と居宅が廊下で仕切られていて、二間の控えの間と上段の間がある。






状況 現役使用 
・現在も住宅として使用中のため非公開。〔2002年8月12日現在〕

写真 2002年08月12日撮影


旧中山道(県道92号)から少し北側に入ったところに建つ大きな
建物が横川の茶屋本陣。



建物への路地を入ると碑と説明板がある
説明板。

建物は現在も住宅として使われているので非公開。


旧中山道横川宿の町並み。現在は県道92号。右手の赤い庇の建物手前の路地を入ると横川の茶屋本陣。


横川宿には古い造りの商店が建ち並ぶ。


軒下にこんな年代物の看板があったりする


本陣の近くにある神社。


横川宿の松井田側には「峠の釜めし」で有名な荻野屋がある。写真奥が茶屋本陣のある方向。

2008/05/25作成 2013/08/11更新 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月