郷土文化財コレクション トップページ群馬県>太田市 一覧/地図>探訪録
二ツ山古墳 1号墳・2号墳
ふたつやまこふん

指定 県指定史跡
所在 太田市新田天良町167~172、新田小金町171
概要 ・6世紀後半頃。
・1号墳は全長74m、前方後円墳。横穴式石室あり。2号墳は全長65m、前方後円墳。1号墳の東南にある。




状況 現状保存 〔2002年06月03日現在〕
・墳丘は木立となっており現状保存。
・標柱、説明板あり。


写真 2002年06月03日撮影


1号墳。南側から。手前が後円部。



1号墳にある説明板。


県道39号線の小金井北交差点から東に一つ目の信号を左折して畑の中をまっすぐ北に向かうと、正面にこんもりとした林が見えてくる。その中に目指す古墳が隠れている。名前のとおり二つの古墳があり、正面が1号墳で突き当たりを右に曲がったところに2号墳がある。



右と下の2号墳にある説明板。


2号墳。東側の後円部。

2号墳。西側から。手前が前方部。この撮影している場所の左手に1号墳がある位置関係。


2003/09/15作成 2013/08/14更新 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月