郷土文化財コレクション トップページ群馬県>太田市 一覧/地図>探訪録
曹源寺 さざえ堂
そうげんじ さざえどう

指定 県指定建造物
所在 太田市東今泉町165(曹源寺)
概要 ・1791(寛政3)年建築。
・高さ10m。
・堂内は3層の螺旋構造に百体観音を安置。秩父・板東・西国の全観音様を巡ることができる。
・埼玉県児玉町の成就院、福島県会津若松市の旧正宗寺とで日本三さざえ堂と呼ばれているが当寺が最大規模。


状況 現役使用 
・有料(拝観料)公開。


写真 2002年06月03日撮影


入口。右手は駐車場。


駐車場前の塀に掲げられた観光バス運転手向けの親切な?案内板。


「日本三堂」「さざえ堂」とある。


門を通る参道「百観音 御砂踏参道」に示された「西国1番」の足形。

「さざえ堂」。内部は3階で上り下りが同じところを通らない回廊式の特異な構造となっている。


扁額に「日本三堂」とある。


寺院や城郭ではおなじみの火燈窓(花頭窓とも書く)。

周辺の景観。
 

2008/06/22作成 2013/08/13更新 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月