郷土文化財コレクション トップページ群馬県>伊勢崎市 一覧地図>探訪録
十三宝塚遺跡
しもうえきあかぎじんじゃ せきぞうびじゅつぐん

指定 県指定建造物
所在 伊勢崎市宮前町1582
概要 ・奈良~平安時代の地方官衙(役所)か古代寺院跡。
・東西約200m、南北約350mの範囲に建物の基壇や回廊跡があり。
・金堂や塔、一辺78m×82mの回廊の礎石、上野国分寺瓦、金銅仏、墨書土器などが発掘された。



状況 遺構なし 〔2002年06月03日現在〕
・国道17号バイパス淵名交差点に近い伊勢崎佐波第二工業団地にあり。
・遺構は埋め戻されて更地になっていて見所はない。

写真 2002年06月03日撮影


遺跡は埋め戻されて更地となっている。サイクリングロードの説明板とその左(画面外)には教育委員会設置の説明板がある。


左の更地が遺跡。道路脇に説明板が立つ。




(境町は伊勢崎市に合併される前の町名)



サイクリングロードの説明板。
 

2013/08/12作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月