郷土文化財コレクション トップページ栃木県>矢板市
 栃木県矢板市の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部分も含む) 復元などを行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
古代 【古墳・奈良・平安時代】
S002 堀越遺跡 県指定史跡 古墳時代前期。全国で最古級の方形区画遺構。
周囲は農地、説明板あり(将来公園として活用する予定と記載あり)
東泉字堀越

中世 【鎌倉・室町・安土桃山時代】
S001 御前原城跡 県指定史跡 鎌倉時代、治承~寿永年間(1177~1184年)の築城と伝える。平城。塩谷地方の領主の居城と伝える。
本丸部分のみ公園として整備、周囲は工業団地
早川町
S003 川崎城跡 市指定史跡 鎌倉時代、正治・建仁年間(1199~1203年)頃築城された山城。塩谷氏の居城。
川崎城跡公園として整備、大きな堀などの遺構が現存、駐車場あり
川崎反町、館ノ川
K002 木幡神社 本殿・楼門 国指定重文建造物 室町中期建築。本殿は流造。 木幡1194-1

近世 【江戸時代】
K003 荒井家住宅 国指定重文建造物 江戸中期建築。庄屋の住宅。長屋門あり。
無料公開(土・日曜)、周囲は林地
立足192

近代 【明治・大正・昭和(戦前)】
K001 山縣有朋記念館(旧山縣有朋別邸) 県指定建造物 1909(明治42)年建築。伊東忠太の設計。小田原市の古稀庵に建築されたが1923(大正12)年の関東大震災で被災し、翌年現在地に移築。木造2階建、洋風建築。
私立の記念館として有料公開
上伊佐野1022



2013/03/24作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月