郷土文化財コレクション トップページ栃木県>大田原市 一覧地図>探訪録
佐久山城跡
さくやまじょうせき

指定 市指定史跡
所在 大田原市佐久山4458
概要 ・1187(文治3)年、那須太郎資隆が築城。
・1563(永禄6)年、佐久山右衛門義隆の時に同族の福原安芸守資孝に滅ぼされて廃城。
・1702(元禄15)年、福原刑部資倍が補修して居住。
・1869(明治2)年、版籍奉還により廃城。
・東西約60m、南北約50m。
状況 現状保存 〔2003年09月07日現在〕
・西側と南側に土塁が残る。
・御殿山公園として整備。
写真 2003年09月07日撮影


県道48号、旧陸羽街道。佐久山の町並み。小川方面から来ると
この信号の手前で左折して城跡に向かう。

県道から城跡に向かう道を進み、振り返った景色。右の施設は佐久山高齢者ほほえみセンター。


佐久山高齢者ほほえみセンター前から佐久山城跡(御殿山)を見上げる。


坂を登ると御殿山公園の入口。


大きな案内図。ただし、城跡の遺構を示す表示はまったくない。


御殿山公園内の様子。



公園内の一角に「史跡 佐久山城跡」の標柱と説明板がある。


土塁を登る散策道。

現存する土塁。


曲輪跡の平坦地には様々な公園遊具が置かれている。


曲輪跡の端に稲荷神社が祀られている。

2013/01/24作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月