郷土文化財コレクション トップページ栃木県>日光市 一覧(二荒山神社)地図>探訪録
二荒山神社 神橋
ふたらさんじんじゃ べつぐうほんぐうじんじゃ

指定 国指定重要文化財建造物
所在 日光市山内
概要 ・1904(明治37)年建造。
・木造、橋長28m、幅員7.4m、高さ(水面)10.6m。
・はね橋形式。
・日本三大奇橋の一つ(山梨県猿橋、山口県錦帯橋)。

状況 現状保存 〔2013年01月13日現在〕
日光山内への入口、大谷川(だいやがわ)に架かる。

写真 2013年01月13日撮影


大谷川に架かる朱塗りの欄干の神橋。右の木立に入っていく坂道は輪王寺への道筋。


神橋交差点の手前左にある渡橋券受付。

鳥居の向こうに神橋が架かる。

神橋交差点、日光駅方向。赤い二階建ての建物は国登録建造物
の「日光物産商会」。その手前に渡橋券受付がある。

神橋交差点、中禅寺湖方向。「二荒山神社 別宮本宮神社」の参道入口から。

2013/03/03作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月