郷土文化財コレクション トップページ栃木県>鹿沼市
 栃木県鹿沼市の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部分も含む) 復元などを行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
古代 【古墳・奈良・平安時代】
S001 深山巴の宿
じんぜんともえのしゅく
県指定史跡 757(天平宝字元)年、勝道上人が日光開山の前に修行した庵のあったところ。庵の周囲の堀の形が巴文に似ていたことから「巴の宿」と呼ばれた。
遺構(堀)が現存、周囲は森
草久5076-1

近世 【江戸時代】
K001 医王寺 金堂 県指定建造物 1665(寛文5)年再建。高さ約20mの大きな茅葺、寄棟造。内部の宮殿に薬師如来を祀る。 北半田1250
本堂内春日厨子 県指定建造物 室町初期、1320(元応2)年制作。本尊を安置した総漆塗りの旧厨子。 北半田1250
唐門 県指定建造物 江戸初期建築。入母屋造の四脚門。 北半田1250
大師堂 県指定建造物 1686(貞享3)年建築。厨子に弘法大師を祀る。 北半田1250
客殿 県指定建造物 江戸初期建築。 北半田1250
講堂 県指定建造物 江戸初期建築。伝法大会や伝法灌頂の道場。 北半田1250
K002 磯山神社 本殿 県指定建造物 1662(寛文2)年建築(伝)。三間社流造。弁柄塗。屋根は元は檜皮葺。 磯町66
K003 今宮神社 本殿・拝殿・幣殿(附)宮殿 県指定建造物 本殿は1681(延宝9)年改築、1849(嘉永2)年頃に彫刻が施される。拝殿、幣殿は権現造を受け継ぐ。 今宮町1692
唐門 県指定建造物 1849(嘉永2)年建築。欅の白木造の四脚門。 今宮町1692
K006 福田家住宅
 店棚・主屋・奥座敷
国登録建造物 店舗と主屋は江戸末期建築。旧鹿沼宿の商家。木造2階建の店舗、木造平屋建の主屋。
奥座敷は明治後期建築。木造2階建。
内部非公開
上材木町1827

近代 【明治・大正・昭和(戦前)】
K004 大谷好美館 国登録建造物 明治後期建築。木造2階建、下見板張。正面にポーチのある写真館として建てられた建物。
写真館は閉館、内部非公開
今宮町1609
K005 駒橋歯科医院診療所 国登録建造物 1925(大正14)年建築。木造2階建、下見板張。ハーフティンバー風の妻壁。
現在も歯科医院として営業
今宮町1608


2013/03/07作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月