郷土文化財コレクション トップページ>栃木県栃木市 一覧/地図>探訪録
下野国庁跡
しもつけこくちょうあと

指定 国指定史跡
所在 栃木市田村町
概要 ・奈良・平安時代、律令制における地方統制のための役所跡。
・前殿、東脇殿、西脇殿、門や南大路などの遺構を確認(正殿は宮野辺神社の敷地内のため未調査)。

状況 復原整備展示施設 〔2004年05月29日現在〕
・敷地は保存整備され、前殿は建物を復元、脇殿は藤棚として再現。
・近くに栃木市立下野国庁跡資料館あり。
写真 2004年05月29日撮影


広大な敷地跡は整備されている。復元されている建物は「前殿」。左右には「東脇殿」「西脇殿」が藤棚で再現されている。


「前殿」の内部。



「前殿」の説明板。


「東脇殿」。


塀の位置を植栽で表す。

周囲の様子。左側は国庁跡、右側は田園風景が広がっている。


下野国庁跡の北側にある栃木市立下野国庁跡資料館。

2013/03/04作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月