郷土文化財コレクション トップページ栃木県>宇都宮市
 栃木県宇都宮市の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部分も含む) 復元などを行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
先史時代 【旧石器・縄文・弥生時代】
S001 根古谷台遺跡 国指定史跡 縄文時代前期の大規模遺跡。
日本最大級の竪穴式住居など数棟を復元。聖山公園(墓地)の奥に「うつのみや遺跡の広場」として整備、資料館併設、無料公開
上欠町字根古谷台151-1

古代 【古墳・奈良・平安時代】
S009 笹塚古墳 県指定史跡 古墳時代中期。全長約100mの前方後円墳。東谷古墳群を形成。
東谷町
S005 塚山南古墳 県指定史跡 古墳時代中期頃。全長約58mの帆立貝形前方後円墳。塚山西古墳とともに塚山古墳群を形成。
西川田町東原
S004 塚山西古墳 県指定史跡 古墳時代中期頃。全長約61mの帆立貝形前方後円墳。塚山南古墳とともに塚山古墳群を形成。
西川田町東原
S003 塚山古墳 県指定史跡 古墳時代中期頃。全長約98mの前方後円墳。墳丘には葺石、埴輪が見られる。塚山古墳群の主墳。
周溝を含め復元整備
西川田町
S002 大塚古墳 県指定史跡 古墳時代後期の6世紀後半。直径53.4m、高さ6.2mの円墳。
上戸祭町
S008 長岡百穴古墳 県指定史跡 古墳時代末期の7世紀前半頃。52基の横穴群。原形を残すものはない。
見学向け整備、駐車場あり
長岡町
S010 上神主・茂原官衙遺跡 国指定史跡 7世紀後半から9世紀前半の古代の官衙遺跡。東西約250m、南北約370mの範囲に約50棟の建物跡あり。
埋め戻されて更地
宇都宮市茂原町地内・
上三川町上神主地内
S006 大谷磨崖仏 国指定重要文化財
国指定特別史跡
平安時代初期から鎌倉時代初期。本尊の石造千手観音菩薩立像(大谷観音)、石造伝釈迦如来、石造伝薬師如来、石造伝阿弥陀如来とそれぞれの両脇侍像。凝灰岩の自然の岩山に彫られた像。
拝観有料
大谷町(大谷寺)

中世 【鎌倉・室町・安土桃山時代】
S007 飛山城跡 国指定史跡 永仁年間(1293~98年)に宇都宮氏の家臣、芳賀氏が築いた居城。平山城。1597(慶長2)年に豊臣秀吉の命により廃城。
飛山城史跡公園として整備、掘立柱建物や木橋など復元、とびやま歴史体験館併設(無料)
竹下町字飛山

近世 【江戸時代】
K002 岡本家住宅 主屋・長屋門 国指定重要文化財 江戸時代中期、1714(正徳4)年以前の建築。茅葺き屋根の2棟が並ぶ。
内部非公開
下岡本町1624-1
K015 渡邊家住宅 主屋・西石蔵・門(表門) 市認定建造物 1769(明和6)年以前建築。名主の民家。1868(慶応4)年の世直し一揆の傷跡が残る。
西石蔵と門の瓦は大谷石製。
内部非公開
大谷町1110
K014 宝蔵寺 不動堂(観音堂) 市認定建造物 1788(天明8)年建築。 大通り4丁目

近代 【明治・大正・昭和(戦前)】
K004 小野口家住宅
 長屋門・前の蔵・旧乾燥小屋・堆肥舎・旧酒蔵・裏の蔵・石塀
国登録建造物 江戸時代末期から大正中期の建物群。大谷石積みや大谷石の薄張り。長屋門はアーチ形状など洋風の意匠。
内部非公開(長屋門は画廊等として利用)
田野町885
K006 宇都宮高校 旧本館 国登録建造物 1893(明治26)年建築。瓦葺き、寄棟造りの屋根。県内最古の学校建築。
資料展示施設「滝の原会館」として公開
滝の原3-5-70
K001 旧篠原家住宅 主屋・新蔵 国指定重要文化財 1895(明治28)年建築。土蔵造の店舗兼住宅。江戸時代末期から醤油醸造業や肥料業などを営んだ豪商。
有料公開
今泉1-4-33
K008 宇都宮白楊高校 旧講堂 国登録建造物 1903(明治36)年建築。洋風に和風の意匠が組み込まれた明治期の洋風木造学校建築。旧栃木県立農学校の施設。
元は宇都宮駅東側にあり。非公開
元今泉8-2-1
正門 国登録建造物 1903(明治36)年建築。花崗岩製の石造門柱4本。
通常時は閉門
元今泉8-2-1
K007 宇都宮中央女子高校赤レンガ倉庫
(旧第六十六歩兵連隊倉庫)
国登録建造物 1907(明治40)年建築。元は厨房関係施設。外壁はイギリス積み煉瓦造。
非公開、学校施設(多目的ホール)として改修して使用
若草2-2-46
K010 屏風岩石材 石蔵(西蔵、東蔵) 県指定建造物 西蔵:1908(明治40)年、東蔵:1913(明治45)年建築。大谷石造の座敷蔵(西蔵)と穀倉(東蔵)。洋風の意匠。
内部非公開
大谷町1088
K012 宇都宮市水道 今市水系第六号接合井 国登録建造物 1915(大正4)年建造。西洋城郭風意匠の八角形の煉瓦造上屋。土木学会選奨土木遺産(2005年度)。
非公開
上金井町635-3
K013 宇都宮市水道 戸祭配水場配水池 国登録建造物 1915(大正4)年建造。コンクリート造、一辺31mの正方形2つが並列。土木学会選奨土木遺産(2005年度)。
非公開
中戸祭町2841-2
K009 旧大谷公会堂 国登録建造物 1926(大正15)年建築。大谷石造、平屋建の公会堂建築。
内部非公開
大谷町1313-12
K011 雨情茶屋離れ(野口雨情旧居) 国登録建造物 1930(昭和5)年建築。木造平屋建の昭和初期の住宅建築。
外観公開(内部はガラス戸越しに見物可)
鶴田町字長峰1744-28
K003 カトリック松が峰教会 国登録建造物 1932(昭和7)年建築。大谷石造の教会堂。スイス人建築家ヒンデルの設計。
見学可
松が峰1-1-5
K005 日本聖公会宇都宮聖公教会礼拝堂 国登録建造物 1932(昭和7)年建築。鉄筋コンクリート造、外壁は大谷石貼りの洋風建築。 桜2-3-27


2012/12/31作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月