郷土文化財コレクション トップページ栃木県>宇都宮市 一覧地図>探訪録
塚山西古墳
つかやまにしこふん

指定 県指定史跡
所在 宇都宮市西川田町東原
概要 ・古墳時代中期、5世紀末頃。
・全長65.5m、高さ6.5m(後円部)の帆立貝型に近い前方後円墳。
・多くの円筒埴輪や土師器・須恵器が出土。
・塚山古墳、塚山南古墳とともに塚山古墳群を形成。

状況 現状保存 〔2001年12月30日現在〕
塚山古墳に隣接してあり、古墳群を横断する国道121号はトンネルとなっている。
写真 2001年12月30日撮影


塚山西古墳の墳丘。


全景。


墳頂から北東に隣接する塚山古墳を見る。

南側に隣接する塚山南古墳を見る。この間の地下に国道121号の塚山古墳群トンネルが通っている。

塚山古墳にある説明板に示されている位置図。


2013/01/02作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月