郷土文化財コレクション トップページ茨城県>つくばみらい市
 茨城県つくばみらい市の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部分も含む) 復元などを行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
近世 【江戸時代】
K001 不動院 三重塔・本堂・楼門 県指定建造物 板橋2370 三重塔は安永年間(1772~1780年)建築。本堂、楼門は江戸時代中期建築。
S001 間宮林蔵生家 県指定史跡 上平柳64 間宮林蔵が1780(安永9)年に生まれから15~6歳くらいまで暮らした家。間宮林蔵は、江戸時代に樺太など北方を探検し、1809(文化6)年に間宮海峡を発見した測量家。間宮林蔵記念館に隣接して移築復原保存。
S002 間宮林蔵墓 県指定史跡 上平柳5(専称寺) 1808(文化5)年、樺太探検前に自分で建てた墓。
菩提寺の専称寺にある。また東京都江東区にも武士としての墓がある。





















2004/11/22作成 2012/12/20更新 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月