郷土文化財コレクション トップページ茨城県>桜川市 一覧地図>探訪録
堀ノ内古窯跡群
ほりのうちこようせきぐん

指定 県指定史跡
所在 桜川市大泉堀の内
概要 「新大領」とへら書きされた土器が発見された古代の窯跡。
台地に横穴や細長い溝を掘って造れており、10基が確認されている。

状況 現状保存 〔2002年2月23日現在〕
民家の敷地入口に標柱と説明板があったが、窯跡までは立ち入らず。

写真 2002年2月23日撮影


県道41号からの道。鴨鳥五所神社の入口から左の方へ進んで
きたところにある。


碑と説明板へ至る道の入口に標柱が立っている。
奥に見える白い四角が説明板。


民家への入口に碑と説明板が立つ。紅梅白梅が彩りを添えている。窯跡は奥に見える民家の裏山にあるようだ。今でも窯で土器を焼いていても不思議でない雰囲気である。


説明板のそばから辺りを見渡す。きわめてのどかだ。



2005/10/22作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月