郷土文化財コレクション トップページ茨城県>かすみがうら市 一覧地図>探訪録
宍倉城跡
ししくらじょうあと

指定 市指定史跡
所在 かすみがうら市宍倉449-1他
概要 ・室町時代、永享年間(1429~1441)は野田遠江守、文亀年間(1501~1503)は菅谷隠岐守貞次の支配、その後佐竹氏の家臣となり1602(慶長2)年に佐竹氏の秋田国替えにより廃城。


状況 現状保存 〔1998年2月28日現在〕
見物自由。


写真 1998年2月28日撮影


県道118号からの宍倉城跡入口。民家の塀の切れ目から細道を入って
いく。案内板が目印。


堀跡の土橋を渡って本丸入口へ。

宍倉城跡本丸全景。



説明板。(出島村はかすみがうら市になる以前の村名)


平面図部分。北側を囲むように通る道が県道118号。

2010/02/12作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月