郷土文化財コレクション トップページ茨城県>稲敷市
 茨城県稲敷市の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部分も含む) 復元などを行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
古代 【古墳・奈良・平安時代】
S001 広畑貝塚
ひろはたかいづか
国指定史跡 縄文時代後期~晩期前半の貝塚。
説明板あり
飯出字ひろ畑635-1他

中世 【鎌倉・室町・安土桃山時代】
S002 神宮寺城跡
じんぐうじじょうせき
県指定史跡 築城年代不明。
土塁、堀跡が現存。
神宮寺字道向830他
S003 阿波崎城跡
あばさきじょうあと
県指定史跡 南北朝時代、北畠親房ゆかりの城跡。
城跡公園として整備。
阿波崎2316
S004 東条城跡 市指定史跡 企業の私有地内。太田小学校北側の丘陵にあった太田中学校跡地の校門跡脇に城跡碑あり 下太田357

近世 【江戸時代】
K002 平井家住宅
ひらいけじゅうたく
国指定重要文化財 1661~(寛文)年間の建築と推定。
内部見学要予約(有料)
柴崎155
K005 円福寺 山門 市指定建造物 江戸中期頃建築。 伊佐津1626
K006 姫宮神社 本殿 市指定建造物 1769(明和6)年建築。 浮島3078
K007 安穏寺 本堂 市指定建造物 1779(安永8)年年建築。 阿波961-1
K008 大杉神社 本殿・拝殿 市指定建造物 1813(文化10)年建築。 阿波958
K002 逢善寺
ほうぜんじ
 本堂・書院・庫裡・仁王門・阿弥陀堂
県指定建造物
市指定建造物
本堂は1830~(天保)年間の再建。 小野318

近代 【明治・大正・昭和(戦前)】
K001 横利根閘門
よことねこうもん
国指定重要文化財 1914(大正3)年着工、1921(大正10)年完成。総延長127.4m、我が国最大級規模の煉瓦造複閘式閘門。
西代地先177
K003 旧植竹庄兵衛家住宅(大日苑)
きゅううえたけしょうべえけじゅうたく(だいにちえん)
 洋館・和館・土蔵
国登録建造物 1937(昭和12)年建築。江戸崎入を干拓した植竹庄兵衛氏が建築した住宅。
内部見学は夏期の土・日・祝日のみ(要事前確認)
江戸崎甲2354


2010/01/30作成 2012/12/08更新 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月