郷土文化財コレクション トップページ茨城県>坂東市
 茨城県坂東市の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部分も含む) 復元などを行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
古代 【古墳・奈良・平安時代】
S001 塚山古墳
つかやまこふん
未指定 直径20m、高さ2.5mの円墳。地元では十兵衛塚と呼ばれる。並んで3基あったうちの1基(他は消滅)
山1234

中世 【鎌倉・室町・安土桃山時代】
S002 逆井城跡
さかさいじょうせき
県指定史跡 戦国時代末期の1577(天正5)年、後北条氏が築城した飯沼城。後北条氏の滅亡により1590(天正18)年、廃城。
逆井城跡城跡公園として整備され、堀や土塁のほか二層櫓や井楼矢倉、主殿、塀など復元。他に旧大安寺観音堂(市指定建造物)、関宿城門も移築復元。管理棟にはそば工房あり
逆井1234


近世 【江戸時代】
K003 萬蔵院
まんぞういん
市指定建造物 1663(寛文3)年建築。室町時代末期の様式が見られる小振りなお堂。 生子1617
K004 延命寺
えんめいじ
市指定建造物 観音堂(茅葺き)、四脚門、太鼓橋(石造り)。
境内の薬師如来堂は平将門の守り仏で「島の薬師」と呼ばれる。
岩井
K001 国王神社 本殿・拝殿
こくおうじんじゃ
県指定建造物 祭神は平将門。三女如蔵尼が父将門の33回忌に結んだ庵がはじまりと伝える。
本殿は1683(天和3)年建築。拝殿は1817(文化14)年改築。
岩井951
K002 香取神社 本殿
かとりじんじゃ
県指定建造物 江戸時代、将軍吉宗の頃に飯沼周辺の新田開発に関連して建立と推定。極彩色の彫刻。1852(嘉永5)年に建てられた覆屋の中にあり。 沓掛4124
K005 旧大安寺 観音堂
きゅうだいあんじかんのんどう
市指定建造物 1845(弘化2)年再建。
2000(平成2)年、逆井城跡公園内に移築保存。無料公開
逆井1234


2005/03/14作成 2012/12/20更新 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月