郷土文化財コレクション トップページ茨城県>筑西市
 茨城県筑西市の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部分も含む) 復元などを行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
古代 【古墳・奈良・平安時代】
S008 船玉古墳
ふなだまこふん
県指定史跡 古墳時代末期。一辺35mの方墳。横穴式石室が開口。
墳丘上に船玉神社が建つ、周囲は農地
船玉
S001 新治廃寺跡
にいはりはいじあと
国指定史跡 古代の寺院跡。薬師寺式伽藍配置に近い特殊な形で、新治廃寺式と呼ばれている。
広大な敷地に東塔跡、西塔跡、金堂跡、講堂跡などの基壇や礎石の位置を示す
久地楽
S003 新治郡衙跡
にいはりぐんがあと
国指定史跡 大化の改新以後に設けられた郡役所の跡。
敷地跡は農地
古郡

中世 【鎌倉・室町・安土桃山時代】
S007 関城跡
せきじょうあと
国指定史跡 鎌倉~南北朝時代の城跡。城主は南朝方の関宗祐。
土塁や空堀が現存、周囲は農地
関舘字内舘一帯
S005 伊佐城跡
いさじょうし
県指定史跡 中世の城跡。築城者など不明。
観音寺境内が二の丸とされる。面影は勤行川の崖のみ、面影は勤行川の崖のみ、周囲は農地
中館
S004 久下田城跡
くげたじょうし
県指定史跡 1545(天文14)年、下館城主の水谷正村(蟠竜斉)が築城。
二の丸は城跡公園として整備され、曲輪や土塁、堀などが残る
樋口字城山

中世~近世 【江戸時代】
K001 内外大神宮 内宮・外宮・御遷殿
ないげだいじんぐう
国指定重要文化財 本殿は1679(延宝7)年に再建。内宮、外宮とも三間社神明造。御遷殿は1574(天正2)年建築。室町末期の様式が残る一間社流造。 小栗1
K003 上羽黒神社 本殿・拝殿
かみはぐろじんじゃ
県指定建造物 1618(元和4)年建築。中世の頃、下館に城を築いた水谷勝氏が1478(文明10)年に出羽国羽黒大権現を勧請した神社の一つ。 岡芹968-1
K002 羽黒神社 本殿
はぐろじんじゃ
県指定建造物 1634(寛永11)年建築。中世の頃、下館に城を築いた水谷勝氏が1478(文明10)年に出羽国羽黒大権現を勧請した神社の一つ。 甲37
S006 板谷波山先生生家
いたやはざんせんせいせいか
県指定史跡 江戸時代中期建築の建物と庭園など。陶芸界の第一人者、板谷波山先生の生家。誕生した旧座敷2間が残る。
「板谷波山記念館」として整備、敷地内に生家を保存。有料公開
甲866-1

近代 【明治・大正・昭和(戦前)】
K006 荒川家住宅 主屋・旧店蔵・土蔵
あらかわけじゅうたく
国登録建造物 主屋は1892(明治25)年建築の近代和風建築。旧店蔵は明治後期建築の土蔵造。
店舗として営業中、内部非公開
甲929-1他
K005 一木歯科医院
いちきしかいいん
国登録建造物 1922(大正11)年建築。木造鉄網コンクリート仕上げの珍しい建築。
医院として営業中、内部非公開
甲12
K004 荒川家住宅 主屋・店蔵・付属屋・内蔵・石蔵
あらかわけじゅうたく
国登録建造物 主屋は1933(昭和8)年建築で木造三階建て洋館。店蔵は1907(明治40)年建築。
店舗として営業中、内部非公開
甲868


2012/12/18作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月