郷土文化財コレクション トップページ茨城県>つくば市
 茨城県つくば市の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部分も含む) 復元などを行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
古代 【古墳・奈良・平安時代】
S001 八幡塚
はちまんづか
県指定史跡 古墳時代後期、6世紀前半頃の築造と推定。全長約90mの前方後円墳。
周囲は宅地・農地
沼田374-1・374-2
S006 佐都ヶ岩屋古墳(平沢一号墳)
さどがいわやこふん
市指定史跡 7世紀。一辺25~35m、方墳。横穴式石室が開口。
筑波国際カントリークラブへの進入路そばの丘陵斜面にあり
平沢1258-34
S004 金田官衙遺跡
こんだかんがいせき
国指定史跡 8世紀初め~9世紀中頃の奈良・平安時代、古代常陸国河内郡の郡衙関連遺跡。広大な敷地跡は、正倉院、官衙、仏教関係の地区からなる。
桜中学校周辺に分布
金田字吹上1473-1他
S003 平沢官衙遺跡
ひらさわかんがいせき
国指定史跡 8~11世紀の奈良・平安時代、古代常陸国筑波郡役所(郡衙)の正倉と推定。
史跡公園として整備、建物の一部復元
平沢
S010 日向廃寺跡 市指定史跡 平安末期~鎌倉時代の寺院跡。
建物位置を示す表示あり、周囲は宅地
北条

中世 【鎌倉・室町・安土桃山時代】
S007 手子生城跡
てごまるじょうせき
市指定史跡 八田知家の三子、知経が正治年間(1199~1201年)に築城と伝える。二重の堀を持つ平城。
遺構はほとんど消滅、城跡碑あり、周囲は農地
手子生城の内1070
S002 小田城跡
おだじょうあと
国指定史跡 中世の平城。小田氏の築城、後に1338(延元3)年に北畠親房が入城。本丸跡に土塁や堀が残る。
歴史広場として整備中
小田
S008 長峰城跡
ながみねじょうせき
市指定史跡 1479(文明11)年、豊田四郎将軍平治元の叔父、長峰右近将監正次が豊田城の出城として築城。
遺構はほとんど消滅、城跡碑あり、周囲は林地
上郷665-4

近世 【江戸時代】
K006 筑波山神社
つくばさんじんじゃ
 神橋・境内社春日神社本殿・境内社日枝神社本殿・境内社春日神社・日枝神社拝殿・境内社厳島神社本殿
県指定建造物 1633(寛永10)年建築。神橋は切妻、柿葺の反橋。御座替祭の時に神輿と随従の人々が渡る。境内社厳島神社は池の中に建つ。 筑波1
K004 八坂神社 本殿
やさかじんじゃ
県指定建造物 1676(延宝4)年と1711(宝永8)年の2枚の棟札あり。一間社流造。 玉取2617
K003 吉沼八幡神社 本殿・覆屋
よしぬまはちまんじんじゃ
県指定建造物 本殿は1685(貞享2)年の墨書あり。一間社流造。覆屋は1867(慶応3)年の棟札あり。 吉沼1456
K009 薬師堂
やくしどう
市指定建造物 宝永年間(1704~10年)建築と推定。 大曽根446
K002 金村別雷神社
かなむらべつらいじんじゃ
 本殿・本殿覆屋・拝殿*・神楽殿*・回廊*
県指定建造物
市指定建造物*
本殿は1711(正徳元)年の棟札あり。一間社流造。本殿覆屋は1831(天保2)年の建築と推定。 上郷8319-1
K001 大塚家住宅
おおつかけじゅうたく
国指定重要文化財 18世紀前期、正徳~亨保の頃の建築。茨城県における整形四間取の初期の例。大塚家は太田道灌につながりのある旧家。
無料公開
栗原835
K005 鹿島神社 本殿
かしまじんじゃ
県指定建造物 1745(延享2)年建築。 大形1264
K007 随翁院 本堂・山門・鐘楼
ずいおういん
市指定建造物 本堂は1798(寛政10)年建築、山門は1826(文政9)年建築。 上郷3148
K008 宝幢院 山門・大師堂
ほうどういん
市指定建造物 山門は江戸時代中期建築。 今鹿島1798
K011 宮本家住宅
みやもとけじゅうたく
国登録建造物 江戸時代末期建築の居宅と土蔵造りの店蔵、明治初期から後期の離れ、蔵、門など。
内部非公開
北条188
K012 沼尻家住宅
ぬまじりけじゅうたく
国登録建造物 江戸時代後期建築の主屋、明治初期から大正初期の蔵や長屋。
内部非公開
金田38-1
K010 太政官布告高札場
だじょうかんふこくこうさつば
市指定建造物 1874(明治7)年、当時の戸長(村長)が自費で設置。 吉沼
S005 五角堂と和時計
ごかくどうとわどけい
県指定史跡 五角堂は建築年不明、和時計は1822(文政5)年製作と推定。民間の科学者、飯塚伊賀七の製作。
内部非公開、谷田部郷土資料館(無料)に復元された和時計あり
谷田部1945

近代 【明治・大正・昭和(戦前)】
S009 若森県庁跡
わかもりけんちょうあと
市指定史跡 1869(明治2)年に府県施政順序に基づき設置された若森県の県庁舎跡。
土塁が現存
若森
K013 旧矢中家住宅
きゅうやなかけじゅうたく
国登録建造物 1942(昭和17)年建築の和風に洋風を加えた近代的な主屋、1949(昭和24)年建築の二階建ての離れなど。
NPO法人「“矢中の杜”の守り人」により維持管理。ガイドツアーによる有料公開(土曜のみ)
北条字古城94-1他


2005/03/24作成 2012/12/19更新 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月