郷土文化財コレクション トップページ茨城県>古河市
 茨城県古河市の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部分も含む) 復元などを行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
中世 【鎌倉・室町・安土桃山時代】
S001 古河公方足利成氏館跡
こがくぼうあしかがしげうじやかたあと
県指定史跡 古河公方足利成氏以来約120年間、古河城の別館のあった跡。堀と土塁が現存。
古河総合公園内「公方様の森」として整備
鴻巣(古河総合公園)

近世 【江戸時代】
S002 熊沢蕃山の墓
くまざわばんざんのはか
県指定史跡 1691(元禄4)年没。儒学者。幕府を批判したとされ古河城の一画に幽閉され当地で没す。
鮭延寺の墓地内
大堤(鮭延寺)
K002 旧中山家住宅
きゅうなかやまけじゅうたく
県指定建造物 床板の墨書に延宝2年(1674)とある「直屋型」の民家。県内の旧岩井市から移築。
古河総合公園内に保存、無料公開
鴻巣1045(古河総合公園)
K001 旧飛田家住宅
きゅうとびたけじゅうたく
国指定重要文化財 18世紀前半の建築。県内で最古といわれる「曲屋」の民家。県内の旧金砂郷村から移築。
古河総合公園内に保存、無料公開
鴻巣1024(古河総合公園)
K004 坂長本店
さかちょうほんてん
 店蔵(旧古河城文庫蔵)・袖蔵(旧古河城乾蔵)・主屋・文庫蔵(旧質蔵)・中蔵・石蔵
国登録建造物 江戸時代後期~大正時代の建築。店蔵と袖蔵は1874(明治6)年の廃城令で古河城から買い取り移築。
飲食店、土産屋として営業中
中央町3-1-39

近代 【明治・大正・昭和(戦前)】
K005 亀屋商事(旧飯島家住宅)
かめやしょうじ(きゅういいじまけじゅうたく)
 本館・本館土蔵・本館旧食堂及び旧浴室・煉瓦倉庫
国登録建造物 煉瓦倉庫は明治時代後期建築。望楼を持つ本館、本館土蔵、ステンドグラスのある本館旧食堂などは1935(昭和10)年建築。
内部非公開
雷電町1-78
K003 篆刻美術館(旧平野家)
てんこくびじゅつかん(きゅうひらのけ)
 表蔵棟・裏蔵棟
国登録建造物 1920(大正9)年建築。大谷石造、3階建の蔵。
有料公開
中央町2-4-18


2012/12/29作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月