郷土文化財コレクション トップページ茨城県>土浦市
 茨城県土浦市の文化財建造物・史跡 広域地図はこちら⇒
遺跡系史跡の状況:形状や姿を復元(一部分も含む) 復元などを行わず現状のまま保存 埋め戻しや消滅により見られる遺構なし 
先史時代 【旧石器・縄文・弥生時代】
S001 上高津貝塚
かみたかつかいづか
国指定史跡 縄文時代中期~晩期。1995(平成7)年に上高津貝塚ふるさと歴史の広場として整備。資料館あり。
1995(平成7)年に「上高津貝塚ふるさと歴史の広場」として整備。貝層断面展示や掘立柱建物復元、考古資料館あり
上高津町・宍塚町

古代 【古墳・奈良・平安時代】
S003 東城寺経塚群
とうじょうじきょうつかぐん
県指定史跡 平安時代、1122(保安3)年と1124(天治元)年銘の経筒などが出土。大小12基の経塚あり。
東城寺の裏山にあり、説明板などあり、1基は金網で保護
東城寺字九社境外字薬師脇

中世 【鎌倉・室町・安土桃山時代】
S004 藤原藤房卿遺跡
ふじわらふじふさきょういせき
県指定史跡 元弘年間(1331~1333)に藤房卿が配流され切った髪を埋めて塚を築いたと伝える。土盛り上に祠あり。
石碑、説明板あり、周囲は農地
藤沢1797
S002 土浦城跡及び櫓門
つちうらじょうあとおよびやぐらもん
県指定史跡 室町時代、永享年間(1429~1440)に若泉氏により築城と伝える。平城。別名、亀城。亀城公園となり西櫓、東櫓を復元。
市街中心部にあり亀城公園として整備。西櫓、東櫓を復元
中央1丁目

近世 【江戸時代】
K003 富岡家住宅
とみおかけじゅうたく
県指定建造物 元禄末期(1700年頃)建築。現在の庄屋建築となったのは明治時代。
非公開、周囲は農地、林地
白鳥町602
K004 前野家住宅
まえのけじゅうたく
県指定建造物 1804(文化元)年建築。代々名主の屋敷。
非公開、周囲は農地
永井694
K002 矢口家住宅
やぐちけじゅうたく
県指定建造物 1841(天保12)年の大火後建築。2階建、土蔵造の町屋建築。
店舗として営業、内部非公開、周囲は市街地(旧水戸街道に面する)
中央1-6-13
K006 一色家住宅 主屋
いっしきけじゅうたく
国登録建造物 江戸末期建築。土浦藩家老の武家屋敷。
飲食店「和食つじ山」として営業、周囲は宅地、林地
西真鍋町1918-1・3
K005 岩瀬家住宅
いわせけじゅうたく
 主屋・屋敷蔵・米蔵・味噌倉・表門・中ノ門・東門・塀
国登録建造物 主屋は1858(安政5)年頃建築。屋敷蔵や表門などは江戸末期~昭和前期建築。
非公開、周囲は農地、林地
小山崎字道知411-1他

近代 【明治・大正・昭和(戦前)】
K001 旧茨城県立土浦中学校本館
きゅういばらきけんりつつちうらちゅうがっこうほんかん
国指定重要文化財 1904(明治37)年建築。木造平屋建。ゴシック様式。
土浦第一高等学校内、外観見学可(内部は要問合せ)
真鍋4-4-2


2013/01/05作成 〔郷土文化財コレクション〕
© 郷土文化財探訪プロジェクト 葉月